貸す側にも借りる側にもメリットがある

男女

リロケーションとは、単身赴任などである程度の期間中部屋を留守にする方が、部屋を借りたい方に自分の部屋を貸し出すことです。一般的な賃貸のアパートやマンションとは違って、オートロックや防犯カメラ、宅配ボックスなどの充実した設備が設置されているマンションのため、安全性も高く単身からファミリー層まで人気があります。立地条件や部屋の間取りなど、物件を探している方にも一度住んでみる、ということが可能ですのでシミュレーション感覚で部屋を借りることができます。また、更新料が発生せず、家賃も安く設定されているため提示された家賃の割には条件の良いマンションに住むことが可能、空き家状態にしなくてすむので貸す側にもメリットがあります。

留守の間に住んでもらう

住宅模型

リロケーションは定期借家契約というシステムで主に不動産業者が運営を行っており、貸す側が介入しなくても入居者を探してくれる、万が一のクレームにも対応、などのサービスを提供しています。部屋を貸している期間の家賃の回収や預かりも不動産業者が担い、契約期間の終了後はすぐに借りる側は退去しなければならないので、貸す側が帰宅する時はすぐに部屋を再び利用することができるようになっています。また、借りる側の審査は厳しく設定されているため、私物を勝手に見たり捨てたりしない、愛煙家ではない、ペットと同伴ではないなどの、貸す側の条件にピッタリと合う人が選ばれます。ですので、他人に部屋を貸すことになっても信頼性のある貸し方が可能ですので、安心して赴任することがきます。長期間のお留守番を依頼する、受けるというとらえ方をすると理解しやすいです。また、貸す側には貸している期間の家賃を得ることができます。

管理の必要は無し

住宅模型

長期間部屋を留守にするには、防犯上の不安が付きまといます。ですが、誰かに部屋に住んでもらうとなっても、信頼のおける人を探す必要がありますので、借りる側は一日でも早く入居者を求めることが多いです。ですので、リロケーションは通常の家賃よりも安い家賃に設定されていることが多く、更新手続きや更新料の必要が無いため借りる側は安い家賃で質の良い部屋を借りることが可能、貸す側は期間が終わればスッパリと契約が完了します。個人で部家の貸し借りを行うと、トラブルの発生時などの対応にも手間が掛かり、物品の破損などが起これば保障問題にもなりかねません。ですが、リロケーションは不動産業者が管理などをまとめて対応してくれますので、スムーズに部屋の貸し借りを行うことが可能です。

広告募集中