HOME>注目記事>管理会社を評価すべきポイントと業務内容紹介

どんなところが評価されるのか

住宅模型

顧客満足度調査などをおこなっている団体は数ありますが、オーナーがマンション管理会社にどれくらい満足しているかを調べたデータもまとめられています。気になるのは、多くのオーナーがマンション管理会社のどこを高く評価しているのかという点です。調べでは日常業務対応が最も多く約4分の1を占め、次に管理会社で担当者や管理人が評価対象となっています。日常業務対応では、住人がよりよく住める環境にするため改善や企画を積極的に提案し、イベントなども企画実行してくれる点が評価されています。また、こまめにマンション周辺の清掃を行い、住人ともコミュニケーションがよく取れている管理人は高く評価される傾向にあるようです。カラス対策や防犯対策をおこなったり、住人の生活を第一に考えた日々の運営が高く評価されることがわかります。

管理担当会社が住みやすい環境を作る

マンション

マンション管理会社の管理実務担当が良い会社だと、建物の修繕などをこまめにおこない、資産価値を守ってくれます。程度によっては無料で修繕するところもあり、オーナーが気づかないうちにこまやかな対応を実施してくれるでしょう。多くの場合、こうした管理会社の担当者はとてもフットワークが良く、親身に相談できるパートナーとなります。周辺にも気を遣い、大規模修繕工事など大掛かりな仕事もしっかり対応してくれるのは心強いでしょう。管理人に関しては人柄が第一で、依頼に対して柔軟に快く対応してくれるのが一番です。マンションは子育て世帯も多いので、女性や小さな子どもを見守り危険喚起してくれる人物であれば理想的です。

住人を大事にする運営が良い会社

マンション

マンションは住人が心地よく住めてこそ、経営も成功します。つまり評価されるマンション管理会社の一番の特徴は、住人を第一に考え、人が住みやすい環境をしっかり守ってくれるという点に尽きるでしょう。オーナーにばかりいい顔をしても、実際の管理業務は手を抜くばかりでずさんな管理をしているような会社では、到底人から愛されるマンションにはなり得ません。住人が口をそろえて住みやすいと言うマンションを管理している実績があれば、その会社は信頼に値するビジネスパートナーとなるでしょう。

広告募集中